振り込み

債務整理の自己破産をしたいならクレジットカード現金化

投稿日:

借金が嵩んで債務整理を考えている人は、出来れば任意整理でなく、借金が棒引きになる自己破産をしたいと思ってるんじゃ無いでしょうか。現金化を知らないと、自己破産の免責は認められないかもしれません。

借金がしにくい時代、自己破産者は減っている

いがいかもしれませんが、ここ10数年間、自己破産者数は年々減少の一途たどっています。原因は総量規制もあり、借金の上限に一定の歯止めがかかったからです。

例えば、年収360万円の人は総量規制で貸金業者からは120万円しか借りれません。銀行ローンで150万円、消費者金融で120万円借りても(実際には其処まで借りれないが)総計270万円にしかなりません。
自己破産をする場合、5年間の返済負担率という数字を計算しなければいけません。270万円の5年間の元利均等返済の年間支払額は、金利15%とすると、年間約77万円、返済負担率は77万円÷年収360万円=21.3%ということになります。
この返済負担率が40%を超えないと、裁判所も免責を認めてくれませんので、弁護士は自己破産でなく、任意整理以外の債務整理を行ってくれません。自己破産出来るほど借金ができない時代なのです。

現金化でシャッターをカサ増し

借りたくても消費者金融や銀行ローンは貸してくれませんから、別の借金を増加させる必要があります。オススメなのはクレジットカード現金化です。
借金が沢山あっても、クレジットカードは生きているという事は非常に多いケースですので、余っているショッピング枠は全部クレジットカード現金化で監禁してしまえば良いでしょう。
借金の総額が増えれば、裁判所の免責も認められますから、任意整理ではなく自己破産ができる様になります。
その他にも闇金に行くという手もありますが、闇金は基本的に法律の外で生きている人間なので、自己破産による免責なんて関係ありませんのでオススメ出来ません。

まとめ

自己破産をしにくい時代になりました。上手くクレジットカード現金化を使って、自己破産で借金をチャラにしてください。

-振り込み

Copyright© あなたの知らないクレジットカード現金化 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.