振り込み

クレジットカード現金化利用の際に覚えておきたい注意点はありますか?

投稿日:

クレジットカードさえ持っていればどなたでも身分証明書のみで現金化することが可能です。しかし、利用の際にはいくつか知っておかなければならない点があり、それを理解した上で利用を考えて行かなければなりません。

現金化行為はカード規約違反になる

クレジットカードを現金化目的のために利用することは規約で明確に禁止されていますので、カード会社に発覚しないように気をつける必要があります。特に業者を利用せずに買取方式で現金化をする場合、換金率の高い商品ばかり購入していると履歴を見て現金化目的の利用を疑われやすくなり注意が必要です。
たとえば普段は購入しないブランド品を一度に何品も買う、発売したばかりのゲーム機を複数台購入する、金券や新幹線の回数券を何度も繰り返し購入しているという場合にはカード会社の目に留まりやすくなります。
昨今では現金化利用の対策に怪しいカード利用者を監視するシステムも導入されていますので、なるべくキャッシュバック方式を取り入れていたり、買取方式でも商品購入履歴に偏りが出ない現金化業者の利用がおすすめです。

自己破産できなくなる

破産法という法律の中には免責不許可事由と呼ばれるものが定められており、原則としてギャンブルや私的な浪費による借金が原因となる場合には免責が認められないという問題があります。クレジットカード現金化に関しても利用をすればこの免責不許可事由に該当することになり、自己破産をして借金を0にすることができなくなる可能性が高くなるのです。
免責不許可事由があったとしても必ずそう決定されるということではありませんが、しかし裁判所からの印象はかなり悪くなりますし、少なくとも破産手続きは長期化してしまいかなり難航します。借金返済のために現金化を利用しているというかたは特に気をつけてください。

計画的な利用を心がけよう

現金化の際の注意点は、まずカード会社に発覚しそうな使いかたをしないことが大切です。
また、短期的な金策としては向いていますが、繰り返し借金の返済に当てるなど連続した利用には向いていません。いざ債務整理をする事態となった際に困らないためにも、よく考えてから実行するようにしてください。

-振り込み

Copyright© あなたの知らないクレジットカード現金化 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.